Faden108

麻ひもで絆をつないで封蝋で想いを届けられますように

LINEで送る
Pocket

 

Faden 108の始まり

 Faden 108の麻ひもは、もともと畳の麻ひもの余り糸で捨てられるものでした。

廃棄物も減らしたい、何かに使っていただけるのではないのかという思いから

2019年9月に麻ひもの販売をスタートさせました。

 

 

Faden 108の麻ひも

 Faden 108の麻ひもは毛羽立たずシンプルなのが特徴です。

また、本来は畳の糸として使われるため、ほかの麻ひもよりも

強くて細いことも魅力です。

 

 

ハンドメイド作品へと

 Faden 108の麻ひもの良さを、たくさんの方に知っていただきたい

そんな願いからその余り糸で作られたハンドメイド作品を通して

広めいていきたいと思ました。

 余り糸を活用してハンドメイド作品に生まれ変わり

サステナブルな暮らしにも繋がるのではないでしょうか? 

 ハンドメイド作品も少しずつですが、増えてきて

お客さまのもとへ届けられることに喜びを感じております。

 

   

心を込めて

 Faden 108では、お客さまとのつながりを大切に

タグの封蝋ひとつひとつに思いを込めさせて頂いています。

そして、商品を包む気持ちで麻ひもをリボンのように結びラッピングしています。

麻ひもでお客さまとの絆をつないで封蝋で想いを届けたいという思いからです。

 日常の中に、麻ひもを身近に感じていただけるよう

これからも麻ひもの魅力を届けていきたいと思います。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

細くて強くて毛羽立ちにくい。ラッピングなど様々な用途に使えるナチュラルで素朴な麻ひも。

もっと詳しく見る もっと詳しく見る arrow_right
PAGE TOP