Faden108

サステナブルな日常生活を送るための取り組みについて解説

LINEで送る
Pocket

サステナブルな日常生活を送るために節制が必要な水

 

後代に住みやすい環境を引き継いでいくためにサステナブルな社会の形成が求められている現代人。これを実現するには個人レベルでサステナブルな日常生活を送れるように、生活習慣を変化させていかなければなりません。では、サステナブルな日常生活とは、どのような取り組みを行っていけばよいのでしょうか

 

今回はこの話題についてできるだけ詳しく、具体的にお話していきます。社会に貢献することについてさらに理解を深めたい方はぜひこの記事を参考にしてください。

この記事を読むための時間:3分

サステナブルな日常生活の必要性

人口増加や経済発展の影響で地球への環境負荷はもはや支えきれないほど大きくなっています。二酸化炭素排出によるオゾン層の破壊、温暖化現象、それに伴う未曽有の自然災害など、私達を取り巻く環境は日増しに厳しさを増しています。

 

私達の子供やそのまた先の子々孫々にこれから先も住みやすい、快適な環境を残していくためには、今まさに環境や社会について真剣に考える必要があり、一人ひとりがサステナブルな日常生活にシフトチェンジしていく必要があるのです

サステナブルな社会を作るための世界的目標「SDGs」

こういった環境や社会の危機に対し、ゴールを定めて取り組もうとする動きこそが「SDGs」です。SDGsとは「持続可能な開発目標」のことであり、自然環境に関する問題や貧困、食糧難、ジェンダー問題など、未来に向かって解決していかなければならない様々な問題に対し17gの目標と169のターゲットを定め、地球上の誰一人とりこぼすことなくこれら目標を2030年までに完遂する取り組みを指します。

サステナブルな生活を持続させるポイントとは?

日常生活をサステナブルなものにするためには次の3つがポイントとして挙げられます。

 

  • 身近なことから始める
  • 現状の生活と照らし合わせる
  • 「一人でやっても」という意識を捨てる

 

どういうことなのか、具体的に解説していきます。

身近なことから始める

何事も新しいことを始めるコツは、まず身近なことから変えていくこと。例えば節水する、節電を心がける、ごみをしっかり分別するなど、いつも自分が行っている行動を見直し、徹底することから始めてみてはいかがでしょうか。

現状の生活と照らし合わせる

環境のため、社会貢献のためとはいえ、現状とかけ離れた生活を贈ろうとしても、なかなか浸透させるのは難しいのではないでしょうか?まずは現状の生活や環境、健康面に配慮し、できることから始めることをおすすめします。

「1人でやっても」という意識を捨てる

こういった取り組みにおいて誰しもの心に湧いてくるのが「どうせ自分一人がやったところで変わらない」といった感情。しかし、全ての人がこのような考えになってしまったら、その先は想像がつきますよね?サステナブルな日常生活を目指すのであれば結果を先に考えるのではなく、同じ地球に住む者の責任として捉えることこそが大切です。

サステナブルな日常生活の手軽な取り組み方

サステナブルな日常生活は案外身近なことから手軽に取り組むことができます。どういったことなのか、いくつかご紹介していきましょう。

ハンカチを持ち歩く

大きな商業施設などはトイレの洗面台横にペーパータオルを設置していることが多いですよね?何気なく使ってしまいがちですが、これの代わりにハンカチを持ち歩き、なるべく使用しないようにすることも環境に配慮した、サステナブルな行動であるといえます。

なるべく公共の交通機関を利用する

自家用車を使って出社する方も多いでしょうが、交通機関が発達している地域であれば、公共交通機関を使用することも日常生活にサステナブルを取り入れていることに充分なりえます。個人が自家用車を使うよりも大勢の人が電車などの大賀田交通機関を使ったほうが二酸化炭素の排出量も抑えられますし、エネルギーの節約にもなります

オーガニック製品を取り入れる

ペットボトルやビニール袋など、土にかえることができないプラスチック素材の製品は海や山を汚染し、処分時に二酸化炭素を排出するなど環境への悪影響が懸念されます。土に返すことで土壌となる、オーガニック素材の製品を積極的に使用することもサステナブルな日常生活を後押しする、重要な要素です。

まとめ

サステナブルな日常生活は案外身近な習慣を変化させることで簡単に取り組むことができます。大切なのは「どうせ自分だけがやっても」などと考えずに、社会的責任を果たすという、使命感をもって挑むこと。水や空気を浄化してくれる森林と同じように、地球上に住む生命体として、私達にもその責務を果たす義務があります

麻紐&コットン糸 サンプル 3種セット

商品紹介 糸 省略版

商品紹介

麻紐とコットン糸ののサンプル、1.5mです。

茶麻・緑麻・コットン糸の3色セットになります。

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ラッピングに使ったり、空き瓶などに巻きつけたりリボンとして付けたりと、少し麻紐を使うだけでオシャレを演出できる優れものです。

カンタンに使用できるので初心者の方にもオススメのアイテムです。

普段使いの雑貨などを麻紐で作ったりすると、ちょっぴりほっこりするような雰囲気を味わえます。季節を問わないので、一年中楽しめるのが麻紐のいいところです。

木のクリップなどをつけてお写真やポストカードを飾ったり、ラッピングに試したりと1.5mでも用途は様々です。

ぜひ一度、お手元にとって質感を試してください。

麻紐

商品紹介 糸 省略版

商品詳細

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ラッピングに使ったり、小物に巻きつけたりと麻紐を使うだけでオシャレを演出できる優れものです。季節を問わないので、一年中楽しめるのも麻紐のいいところ♪

麻紐のランプシェード手作りキット

商品紹介 糸 省略版

3,000(税込)

購入はこちら

麻紐(約60m×2個)/ 白麻(約60m×2個)/ 緑麻(約60m×2個)

商品詳細

麻紐のランプシェードがすぐに作り始められる手作りキットです♪

玄関に飾ったり、お部屋の照明にしたり、クリスマスツリーに飾ったりと用途は様々です。

プレゼントやプチギフトに!麻紐のラッピングセット(1セット10枚入り)

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

商品詳細

ナチュラルでラッピングにぴったりな麻紐です。
プレゼントにはもちろん、結婚式のプチギフトにいかがでしょうか?

1セット10枚入り(麻紐つき)で販売しております。

麻紐の小巻 ~20メートル

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

麻 / 緑麻

商品詳細

麻紐を20メートル巻きで販売しております。

~20メートル(5m.10m.15mなど)の販売も行っておりますのでご相談下さい

 

お問い合わせはこちら

ONLINE SHOP

 

 

Faden 108 – ファーデン イチマルハチ –

 

ナチュラルで素朴なデザインが魅力です。
本来はたたみの糸として使われている麻紐。
ひっぱっても切れにくい強さと、年数が経っても残っていられるのが自慢です。
必要な人に届けたい。
ぴったり必要とされる品物に出逢いたい。
お客様(誰か)とFaden108の絆を結ぶ糸になれますように。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

細くて強くて毛羽立ちにくい。ラッピングなど様々な用途に使えるナチュラルで素朴な麻ひも。

もっと詳しく見る もっと詳しく見る arrow_right
PAGE TOP