Faden108

【初心者向け】ベランダ菜園に必要なものまとめ

LINEで送る
Pocket

ベランダ菜園初心者に必要なもの

 

ベランダ菜園での野菜作りに挑戦してみたいけれど、はじめ方がいまいち分からずに、足部に状態になってしまっているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、ベランダ菜園を始めるのに必要な環境やアイテムをご紹介します。ベランダ菜園を始めようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を読むための時間:3分

ベランダ菜園のメリットは?

畑や広い庭がなくても、ある程度の面積のベランダがあれば手軽に挑戦できるベランダ菜園は、幅広い世代に人気ですよね。ここでは、ベランダ菜園のメリットについてご紹介します

自分で作った新鮮な野菜を食べられる

ベランダ菜園で育てた野菜は、収穫したらすぐに食べることができるので、スーパーや八百屋さんで買った野菜では味わうことのできない、フレッシュな野菜本来の旨味を楽しむことができます。また自分で育てるため、農薬を使わない選択をしたり農薬の量を調整したりなど、安心安全な野菜を食べられることが大きなメリットです。

野菜を育てる喜びを感じられる

ベランダ菜園の一番の醍醐味は、手間ひまかけて育てた野菜を収穫する瞬間ではないでしょうか。毎日の水やりや観察、ときには病害虫に悩んで調べ物をしながらお世話をしたり。お世話の甲斐あって収穫できたときの喜びは、言葉では言い表せないものがあります。お子様がいるご家庭でも、野菜を育てる喜びを感じてほしいという考えから、ベランダ菜園に挑戦するケースも多いようです。

節約につながる

苗や種の値段に対して収穫量が多い場合がほとんどなので、節約につながります。例えばほんの少量薬味のネギや大葉を使いたいときにも、自分で育てていればその都度スーパーへ行って購入する必要がありません。ベランダから使う分だけ切ってくることができるので、お金をかけずに新鮮な味わいを楽しむことができます。

 

プランターや支柱を買い揃える必要があるため、初期費用は少しかかってしまいますが、それらを繰り返し使うことができれば次期からは大きな節約につながります。

ベランダ菜園を始めるのに必要な環境

ここでは、ベランダ菜園を始めるのに必要な環境を解説します

日当たりを確認する

野菜を育てるには、日当たりの良さがとても重要です。主に午前中に光合成を行うため、南向きまたは東向きのベランダにプランターを置くことをおすすめします。光がなかなか当たらない環境であったり西や北向きの方向だったとしても、プランターをできるだけ日に当てるよう、配置を工夫すれば、育てることが可能です。

風通しがいいか

風通しが悪いと根腐れをしてしまったり、カビが生えてしまったりすることがあります。新鮮な空気に触れさせるためにも、ベランダ菜園で野菜を育てるときには、隣同士の葉が触れない程度の間隔を置いて、プランターを並べましょう

マンションの規約に違反していないか

マンションのベランダやバルコニーは、共用部分にあたるため、ルールを守らなければいけません。ベランダの使い方についての契約はマンションごとに違うので、契約内容をよく確認しておきましょう

ベランダ菜園を始めるのに必要なもの

ここではベランダ菜園を始めるのに、最低限必要なものをご紹介します

プランター

野菜の苗や種を植えるのに、必ず必要になるのがプランターです。野菜の種類によって必要な大きさや深さが変わってきます。育てる野菜に合わせたサイズの、水はけが良いものを選びましょう。ペットボトルや麻袋を使って手作りするのもオススメですよ。

スコップやじょうろ

スコップやじょうろは、野菜を育てるのに最低限必要な道具です。スコップは、試しに握ってみて自分が使いやすいと感じるものを選びましょう。じょうろは葉や根っこを傷めないためにも、柔らかくシャワー状に散水できるタイプのものをおすすめします。

プランターを使って野菜を育てるのであれば、土が必要です。野菜が成長するために必要な状態の土を用意しなければいけません。ベランダ菜園が初めてで、土作りを難しく感じる方は、完成されている培養土を使うのもおすすめですよ。野菜や草花によっても違うタイプのものが売られているので、何を育てるかが決まったら、土の種類もチェックしてみてくださいね。

鉢底石

鉢底石プランターの底に敷くことで、の部分に土が詰まらず、通気性と排水性を保つことができます。バラバラに入っているタイプよりも、ネットに入っているタイプの方が扱いやすくおすすめですよ。

肥料や薬剤

野菜を成長するための肥料には、土に混ぜ込み、土の質を良くする元肥というものと、成長途中の野菜に追加で与える追肥という2種類のタイプがあります。元肥も追肥も過剰に与えてしまうと育ちが悪くなってしまうこともあるので、野菜ごとに育て方をしっかり調べて適切な量を与えましょう。薬剤を撒くと、病気や害虫から守ってくれる効果があります。悩みや植物の種類に合わせて上手に使い分けてください

支柱

ツルや茎が長く伸びる植物を育てる場合に必要なのが支柱です。植物が倒れないように、支柱にツルをはわせ、重心を安定させます。支柱の長さは、育てる野菜に合わせて選んでくださいね

麻ひも

ベランダ菜園において大活躍する存在が、麻ひもです。先ほどご紹介した支柱を複数本立てるときに、支柱同士をひもで結びつけることで安定感が加わります。この時ビニールのひもで結ぶよりも、麻ひもを使用したほうが長持ちし、ほどけてしまう心配がありません

 

また地面に落ちたときにも麻は自然分解されるため、環境にも優しいというメリットがあります。麻ひもを一つ持っておけば、タグをつけたり小物をまとめたりするときにも使えて、大変便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか。ベランダ菜園を始めるのに必要な環境やアイテムをご紹介しました。ベランダ菜園で野菜を育てることには、さまざまなメリットがあります。興味を持った方は、ぜひこの機会に挑戦してみてくださいね。

麻紐 サンプル

商品紹介 糸 省略版

商品紹介

麻紐のサンプル、1.5mです。

送料無料となっております♪

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ぜひ一度、お手元にとって質感を試してください。

麻紐

商品紹介 糸 省略版

商品詳細

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ラッピングに使ったり、小物に巻きつけたりと麻紐を使うだけでオシャレを演出できる優れものです。季節を問わないので、一年中楽しめるのも麻紐のいいところ♪

麻紐のランプシェード手作りキット

商品紹介 糸 省略版

3,000(税込)

購入はこちら

麻紐(約60m×2個)/ 白麻(約60m×2個)/ 緑麻(約60m×2個)

商品詳細

麻紐のランプシェードがすぐに作り始められる手作りキットです♪

玄関に飾ったり、お部屋の照明にしたり、クリスマスツリーに飾ったりと用途は様々です。

プレゼントやプチギフトに!麻紐のラッピングセット(1セット10枚入り)

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

商品詳細

ナチュラルでラッピングにぴったりな麻紐です。
プレゼントにはもちろん、結婚式のプチギフトにいかがでしょうか?

1セット10枚入り(麻紐つき)で販売しております。

麻紐の小巻 ~20メートル

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

麻 / 白麻 / 緑麻

商品詳細

麻紐を20メートル巻きで販売しております。

~20メートル(5m.10m.15mなど)の販売も行っておりますのでご相談下さい

 

お問い合わせはこちら

ONLINE SHOP

 

 

Faden 108 – ファーデン イチマルハチ –

 

ナチュラルで素朴なデザインが魅力です。
本来はたたみの糸として使われている麻紐。
ひっぱっても切れにくい強さと、年数が経っても残っていられるのが自慢です。
必要な人に届けたい。
ぴったり必要とされる品物に出逢いたい。
お客様(誰か)とFaden108の絆を結ぶ糸になれますように。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

細くて強くて毛羽立ちにくい。ラッピングなど様々な用途に使えるナチュラルで素朴な麻ひも。

もっと詳しく見る もっと詳しく見る arrow_right
PAGE TOP