Faden108

バレンタインデーの始まりはいつ?日本のバレンタイン文化を知ろう

LINEで送る
Pocket

バレンタインデーに贈る花と手紙

 

毎年2月14日に訪れる甘酸っぱい恋の日、バレンタインデー。日本では、女性から男性にチョコを渡し気持ちを伝える日として広く浸透しています。実は、このバレンタインデー、日本だけでなく世界各国で「恋人たちの日」として祝われています。それでは、なぜ2月14日が、ロマンチックな恋の日として世界的に知られているのでしょうか。バレンタインデーがどのように始まったのか、その起源を紹介します。

この記事を読むための時間:3分

バレンタインデーの始まり

バレンタインデーの始まりは、はるか昔、3世紀にまでさかのぼります。その頃のローマでは、皇帝クラウディウス2世が、「戦場に出向く若い戦士が、故郷に家族や愛する人を残していると死ぬのを恐れ士気が下がる」と考え、若者の結婚を禁じていました。愛し合う若者が結婚もできず、離れ離れになってしまう姿を見て哀れに思ったキリスト教の聖職者、ウァレンティヌス司祭が、そのような若者のために密かに結婚式を行ってあげていました。

 

しかし、そのことがばれたウァレンティヌス司祭は、皇帝の怒りを買うようになります。激高した皇帝が、ウァレンティヌス司祭に結婚式の取りやめか処刑かを選ぶように迫ったところ、ウァレンティヌス司祭は「愛」を取り、若者のための結婚式の取りやめに反したため、2月14日に処刑されてしまいました。

 

その後、ウァレンティヌス司祭は聖バレンチノと呼ばれ、恋人たちの守護神として崇敬されるようになります。愛のために殉教したウァレンティヌス司祭を悼み、2月14日に、「恋人たちの日」として彼の名前が由来となったバレンタインデーを作りお祈りするようになったようです。そのような宗教色が強かったバレンタインデーが、14世紀以降、プレゼントを交換するようなイベントの日として世界的に定着していきました。

日本のバレンタインデー

昭和に入り、沢山の欧米文化と共にバレンタインデーも日本に入ってきました。当初は、あまり定着しなかったのですが、お菓子会社の試行錯誤により徐々に日本各地へと広がりをみせるようになります。

日本のバレンタインデーの始まり

日本にバレンタインデーの文化が伝わった頃は、「女性から男性にチョコレートを贈る」という現代のイメージとは全く異なったものでした。男性から女性へ衣服や化粧品などが贈られていたようです。

 

バレンタインデーとチョコレートが切っても切れない関係になったのは、モロゾフ製菓やメリーチョコレートカンパニーなどの企業が「バレンタインにはチョコレートを贈ろう」と大々的に宣伝を始めたところにあります。

 

しかし、当初はチョコのキャンペーンやセールをいくら行ってもバレンタインデーの文化があまり普及しませんでした。ところが1970年代に入り、学生たちの間で「女の子から男の子に気持ちを伝えられる日」として盛り上がりを見せ、子供だけでなく大人まで参加する現代のバレンタインデーの文化が広がるようになりました。

日本特有のバレンタインデー文化

女性から男性へ気持ちを伝えるためにチョコレートを贈るというのは日本独自のバレンタインデー文化になります。宗教的な意味合いは薄く、恋人や家族の他にも、友達への「友チョコ」、友人男性への「義理チョコ」、自分への「自己チョコ」など様々な形でチョコレートを贈るのも日本特有です。

 

また、3月14日に男性から女性へお返しをする「ホワイトデー」も日本発祥の文化で、韓国や中国などごく一部の国でしか行われていません。

海外のバレンタインデー

海外では、バレンタインデーに恋人や夫婦同士で出かけ、ディナーをするなど一緒に楽しい時を過ごします。男性から女性へプレゼントを贈るのが一般的で、チョコレートの他にもお花、ぬいぐるみ、風船、アクセサリーなどプレゼントの選択肢はさまざまです。お互いに感謝と愛の気持ちを伝えあう日となっています。

まとめ

今までバレンタインデーといえば、なんとなく甘くロマンチックな恋人同士の日というイメージでした。しかし、「愛」のために生きて亡くなったウァレンティヌス司祭の話を知ると、恋人同士の日が、また違った深さの意味で感じられます。今年のバレンタインデーには、相手を想う気持ちと共に感謝の気持ちを伝えてみたらいつもとはひと味違う特別な日になりそうですね。

 

麻紐&コットン糸 サンプル 3種セット

商品紹介 糸 省略版

商品紹介

麻紐とコットン糸ののサンプル、1.5mです。

茶麻・緑麻・コットン糸の3色セットになります。

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ラッピングに使ったり、空き瓶などに巻きつけたりリボンとして付けたりと、少し麻紐を使うだけでオシャレを演出できる優れものです。

カンタンに使用できるので初心者の方にもオススメのアイテムです。

普段使いの雑貨などを麻紐で作ったりすると、ちょっぴりほっこりするような雰囲気を味わえます。季節を問わないので、一年中楽しめるのが麻紐のいいところです。

木のクリップなどをつけてお写真やポストカードを飾ったり、ラッピングに試したりと1.5mでも用途は様々です。

ぜひ一度、お手元にとって質感を試してください。

麻紐

商品紹介 糸 省略版

商品詳細

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ラッピングに使ったり、小物に巻きつけたりと麻紐を使うだけでオシャレを演出できる優れものです。季節を問わないので、一年中楽しめるのも麻紐のいいところ♪

麻紐のランプシェード手作りキット

商品紹介 糸 省略版

3,000(税込)

購入はこちら

麻紐(約60m×2個)/ 白麻(約60m×2個)/ 緑麻(約60m×2個)

商品詳細

麻紐のランプシェードがすぐに作り始められる手作りキットです♪

玄関に飾ったり、お部屋の照明にしたり、クリスマスツリーに飾ったりと用途は様々です。

プレゼントやプチギフトに!麻紐のラッピングセット(1セット10枚入り)

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

商品詳細

ナチュラルでラッピングにぴったりな麻紐です。
プレゼントにはもちろん、結婚式のプチギフトにいかがでしょうか?

1セット10枚入り(麻紐つき)で販売しております。

麻紐の小巻 ~20メートル

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

麻 / 緑麻

商品詳細

麻紐を20メートル巻きで販売しております。

~20メートル(5m.10m.15mなど)の販売も行っておりますのでご相談下さい

 

お問い合わせはこちら

ONLINE SHOP

 

 

Faden 108 – ファーデン イチマルハチ –

 

ナチュラルで素朴なデザインが魅力です。
本来はたたみの糸として使われている麻紐。
ひっぱっても切れにくい強さと、年数が経っても残っていられるのが自慢です。
必要な人に届けたい。
ぴったり必要とされる品物に出逢いたい。
お客様(誰か)とFaden108の絆を結ぶ糸になれますように。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

細くて強くて毛羽立ちにくい。ラッピングなど様々な用途に使えるナチュラルで素朴な麻ひも。

もっと詳しく見る もっと詳しく見る arrow_right
PAGE TOP