Faden108

ハロウィンの飾り付けを手作り!折り紙や麻紐で簡単6アイテム

LINEで送る
Pocket

ハロウィンの手作り飾り付け

 

ハロウィンシーズンになると、街やお店の中がハロウィンムードになってワクワクしますよね。今年のハロウィンは、おうちの中を飾り付けしてもっとハロウィン気分を楽しみませんか?この記事では、誰でも簡単に作れるハロウィンの飾りを6つ紹介します。「可愛い飾りを作ってみたい」「手作りの飾り付けをSNSにアップしたい」などと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むための時間:3分

壁に貼るハロウィンの飾り付けを手作り

まずは、おうちの中の壁に貼るハロウィンらしい飾り付けの手作りアイデアを紹介します。

ハロウィンガーランド

「ガーランド」とは、花や旗といったオーナメントを紐でつないで作る装飾のこと。ハロウィンらしいかぼちゃやおばけ、コウモリなどのモチーフを、フェルトや折り紙を切ったり絵を描いたりして作ったら、麻紐のような手芸用の紐につけるだけで完成します。「HAPPY HALLOWEEN」の文字も作って紐につけ、壁に飾ると可愛いですよ。

モンスターリース

丸いリースを作り、真ん中の空洞をモンスターの口と見なしてギザギザの歯をつけたり、目玉をつけたりすると、可愛いモンスターリースが手作りできます。リース自体の素材はフェルトや折り紙、毛糸、ハギレなどなんでもOKです。おすすめはドーナツ型にくり抜いたダンボールに、立体的に結んだリボンを両面テープでたくさん貼り付けたリボンリース。存在感のある飾りが簡単に作れます。

折り紙で作るペーパーファンの壁飾り

紙だけでもっと簡単に作れる飾りや、子どもと一緒に作れる飾りを探している方には、パーティー会場などで見る「ペーパーファン」をハロウィン風にアレンジするのがおすすめ。ペーパーファンは、好きなサイズの色紙をジャバラ折りしたものを2枚重ねて中心を紐で結び、ジャバラを広げたら、糊やクリップでとめて丸くした花のような飾りです。

 

これをオレンジや黒、紫などハロウィンを連想する色の紙で作り、「ジャック・オ・ランタン」やモンスターの顔を付けるだけで可愛い飾りが完成します。

おばけのモビール

「モビール」は、横向きの「ガーランド」と少し違って、紐や糸に縦向きにオーナメントを付けて吊るす飾りです。おばけやかぼちゃなどをフェルトや折り紙を切り貼りしたり、紙粘土で立体的に作ったりしたら、麻紐などの紐に付けて壁や天井に付けましょう。バランスを見ながら数本作って並べて吊るすと賑やかになります。

テーブルなどに置くハロウィンの飾り付けを手作り

続いて、テーブルやラックの上に置くハロウィンの飾り付けの手作りアイデアを紹介します。

折り紙のジャック・オー・ランタン

オレンジ色の折り紙を用意したら、たて・よこ半分に折って十字に折り目を付けます。開いて、左右の端を真ん中の折り目に合わせて観音折りし、さらにその状態でもう一度観音折りにして細長くしたら、折り目を全て開きます。続いて、上下の端を真ん中の折り目に合わせて折り、面裏どちらもオレンジ色になるようにしてください。

 

中心以外の6本の山折りの折り目の、少し外側に谷折りを作っていきます。山折り部分と谷折り部分が上下端だけ少しずつ重なるように折り、輪っかにして糊で止めると、立体的なかぼちゃランタン「ジャック・オー・ランタン」の出来上がり。筒状になっているので、中にフェイクキャンドルを入れられます。

毛糸でモンスターポンポン

毛糸で作ったポンポンに、目玉や口、牙などのパーツを接着剤でくっつけて、まん丸のモンスターポンポンを作りましょう。ポンポンを作り方は、ちょうどいいサイズの型紙などに毛糸をぐるぐると巻きつけて、型紙から外して真ん中を毛糸で縛り、両はしの輪っか部分をハサミで切ったら、ハサミを使って丸く切っていくだけ。

 

色とりどりの毛糸と、さまざまな顔のパーツを用意すれば、個性豊かなモンスターを作れます。できたモンスタボールはガーランドやモビールの飾りとしても活用可能です。

ハロウィンの飾り付けを手作りしてみよう

簡単に作れるハロウィンの飾り付けを6つ紹介しました。折り紙や麻紐、毛糸など、他のイベントの飾り作りやDIYにも使える汎用性の高いアイテムだけでも数種類の飾りが作れて、家の中が賑やかになります。買って飾るだけだと味気ないと感じる方や、クリエイティブなことが好きな方はぜひ、次のハロウィンからは飾り付けを手作りしてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

細くて強くて毛羽立ちにくい。ラッピングなど様々な用途に使えるナチュラルで素朴な麻ひも。

もっと詳しく見る もっと詳しく見る arrow_right
PAGE TOP