Faden108

ハロウィンの本当の意味や起源|アメリカなど海外での過ごし方は?

LINEで送る
Pocket

海外のハロウィン

 

日本では仮装パーティーのようなイベントになっている、毎年10月31日のハロウィン。しかし、「もともとハロウィンって、どんな意味のある日なんだろう」と気になりませんか?この記事では、ハロウィンの本当の意味やハロウィンの起源、そして海外でのハロウィンの過ごし方を紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事を読むための時間:3分

いつからあるの?ハロウィンの起源

ハロウィンの起源は、古代アイルランドに住んでいたケルト人の「サウィン祭」。サウィン祭が始まったのは何千年も前のことで、ケルト暦の1年の終わり(=夏の終わり)である10月31日の夜から、年始(=冬の始まり)である11月1日の夜まで行われました。一方、キリスト教(カトリック)での10月31日は、全ての聖人を記念する「万聖節(諸聖人の日)」の前日です。この2つが合わさって現在のハロウィンになったと言われています。

 

アメリカへは、19世紀に入ってヨーロッパから大勢の移民が渡ったことで伝わりました。そして、日本へは1970年代にアメリカから伝わり、1980年代以降になってから現在のような仮装を楽しむイベントになっています。

ハロウィンの本当の意味とは

ハロウィンの起源と言われるケルト人の「サウィン祭」は、新しい年と冬の始まりに、夏の収穫を祝うお祭りでした。この夜は死者の魂が帰ってくると考えられており、死者のために食べ物や飲み物を用意し、また子どもたちはお化けなどの仮装をすることで死者の魂から隠れていたと考えられています。つまり、ハロウィンのもともとの意味は、日本の「お盆」のような行事だと言えますね。

「ハロウィン」という言葉の意味は?

ハロウィンは英語で「Halloween」または「Hallowe’en」と書きます。語源には諸説ありますが、有力なのは、カトリック教会の祝日の1つである諸聖人の日(11月1日)の前日という意味の「All Hallows’ Eve」。「e’en」とは、スコットランド語での「eve」の略し方です。ほかに、聖なる夜という意味の「Hallowed Evening」が短くなったという説もあります。どちらにしても「ハロウィン」は「聖なる夜」に近い意味合いです。

海外でのハロウィンの過ごし方

最後に、アメリカをはじめ海外のハロウィンはどのような過ごし方をするのか紹介しましょう。

アメリカ

世界の中でもトップクラスにハロウィンが盛り上がる国として知られるアメリカでは、子どもたちが仮装して近所の家を訪ね、「Trick or Treat(お菓子くれなきゃ、いたずらしちゃうぞ)」と言ってお菓子を集めます。「ジャック・オ・ランタン」と呼ばれる、かぼちゃを顔の形にくり抜いて作るランタンを飾るのも定番です。

フランス

フランスでは伝統的にハロウィンを祝う習慣はなく、アメリカに比べると盛り上がるイベントではありません。しかし、ジャック・オ・ランタンを作ったり、お菓子や仮装を準備したりする人も多いです。特に子どもやティーンエイジャーにとっては楽しいイベントになっています。

イギリス

イギリスのハロウィンは、アメリカと近い雰囲気です。子どもたちが仮装して近所を周り、お菓子を集めるのが定番。イギリスはもともとケルト人が住んでいた地でもあるのでハロウィンは盛んでしたが、17世紀以降に廃れていったそう。その後、アメリカから娯楽性の高いスタイルへと形を変えて伝わってきました。

イタリア

イタリアでは、近年になってイベントとして楽しまれるようになりました。イタリアは国民の約80%がキリスト教と言われるほどキリスト教文化の根付いた国で、ハロウィンは他宗教にルーツがあるため、あくまでも宗教には関係のない「アメリカから来た娯楽イベント」として捉えられています。

 

イタリアは、カトリック教会の祝日である11月1日の「諸聖人の日(万聖節)」と11月2日「死人の日(万霊節)」がどちらも祝日なので、ハロウィンは夜まで遊べる日として盛り上がる人も多いそうです。

韓国

韓国のハロウィンは、日本ととても似ています。子どもが仮装してお菓子を集めるのではなく、どちらかといえばハイティーンから大人たちが仮装をして街に出たりお酒を飲んだりするイベントになっているそうです。

海外のハロウィンや本当の意味は、日本とは全然違う

ハロウィンの本当の意味について紹介しました。本来は宗教的な文化で、日本の「お盆」のような意味を持つ行事でした。ハロウィンの本当の意味は、今の日本でのハロウィンとは全然違うのですね。また、海外のハロウィンの過ごし方や風習もさまざまです。次のハロウィンには、いつもと違う過ごし方をしてみてはいかがでしょうか?

麻紐&コットン糸 サンプル 3種セット

商品紹介 糸 省略版

商品紹介

麻紐とコットン糸ののサンプル、1.5mです。

茶麻・緑麻・コットン糸の3色セットになります。

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ラッピングに使ったり、空き瓶などに巻きつけたりリボンとして付けたりと、少し麻紐を使うだけでオシャレを演出できる優れものです。

カンタンに使用できるので初心者の方にもオススメのアイテムです。

普段使いの雑貨などを麻紐で作ったりすると、ちょっぴりほっこりするような雰囲気を味わえます。季節を問わないので、一年中楽しめるのが麻紐のいいところです。

木のクリップなどをつけてお写真やポストカードを飾ったり、ラッピングに試したりと1.5mでも用途は様々です。

ぜひ一度、お手元にとって質感を試してください。

麻紐

商品紹介 糸 省略版

商品詳細

様々な用途に使えて、ナチュラルでハンドメイドと相性抜群な麻紐です。

ラッピングに使ったり、小物に巻きつけたりと麻紐を使うだけでオシャレを演出できる優れものです。季節を問わないので、一年中楽しめるのも麻紐のいいところ♪

麻紐のランプシェード手作りキット

商品紹介 糸 省略版

3,000(税込)

購入はこちら

麻紐(約60m×2個)/ 白麻(約60m×2個)/ 緑麻(約60m×2個)

商品詳細

麻紐のランプシェードがすぐに作り始められる手作りキットです♪

玄関に飾ったり、お部屋の照明にしたり、クリスマスツリーに飾ったりと用途は様々です。

プレゼントやプチギフトに!麻紐のラッピングセット(1セット10枚入り)

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

商品詳細

ナチュラルでラッピングにぴったりな麻紐です。
プレゼントにはもちろん、結婚式のプチギフトにいかがでしょうか?

1セット10枚入り(麻紐つき)で販売しております。

麻紐の小巻 ~20メートル

商品紹介 糸 省略版

250(税込)

購入はこちら

麻 / 緑麻

商品詳細

麻紐を20メートル巻きで販売しております。

~20メートル(5m.10m.15mなど)の販売も行っておりますのでご相談下さい

 

お問い合わせはこちら

ONLINE SHOP

 

 

Faden 108 – ファーデン イチマルハチ –

 

ナチュラルで素朴なデザインが魅力です。
本来はたたみの糸として使われている麻紐。
ひっぱっても切れにくい強さと、年数が経っても残っていられるのが自慢です。
必要な人に届けたい。
ぴったり必要とされる品物に出逢いたい。
お客様(誰か)とFaden108の絆を結ぶ糸になれますように。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

細くて強くて毛羽立ちにくい。ラッピングなど様々な用途に使えるナチュラルで素朴な麻ひも。

もっと詳しく見る もっと詳しく見る arrow_right
PAGE TOP