Faden108

ひな祭りのお祝いに、内祝いやお返しは必要?贈る時のマナーも

LINEで送る
Pocket

内祝いが必要か迷うひな祭り

 

女の子の健やかな成長を祈る、3月3日のひな祭り。特に、赤ちゃんが生まれて初めて迎える初節句のひな祭りには、雛人形やプレゼント、お祝い金などのお祝いをいただくことも多いです。しかし、「ひな祭りのお祝いをもらったら、内祝いやお返しは贈る必要なの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?この記事ではひな祭りのお祝いの内祝い・お返しについて紹介します。気になる方はぜひチェックしてください。

この記事を読むための時間:3分

ひな祭り・​​初節句のお祝いの内祝いは必要?

まずは、ひな祭り・​​初節句のお祝いに内祝いやお返しはそもそも必要なのかどうか紹介していきます。

両親への内祝いは不要な場合が多い

初節句やそのほかのひな祭りに両親から自分の子ども(両親にとっての孫)へお祝いをもらった場合、基本的に内祝いは不要な場合が多いです。結婚祝いや出産祝いでも、両親への内祝いは不要だと言われていますよね。とはいえ、内祝いとしてでなくても何かしらの形でお礼やお返しのプレゼントを贈る人は多いです。

義両親へは、少なくともお返しをした方が無難

義両親にお祝いをもらった場合も、一般的には内祝いは不要です。しかし、相手は内祝いを期待していたり、「お返しがないなんて非常識」と思われたりする可能性もあります。良好な関係を築くためにも、少なくともお返しの贈り物はした方がよいでしょう。

当日の食事会を内祝いとするケースも

特に初節句のひな祭りの日は、当日に身内の食事会を開いて食事のおもてなしを内祝いとするケースも多いです。金額にもよりますが、当日食事会を開く予定なら改めて内祝いを用意する必要はありません。

内祝いを贈るなら何がいい?

内祝いは内容にも悩みがち。ここからは、ひな祭りのお祝いの内祝いを贈る場合におすすめの贈り物やお礼を紹介します。

食事会に招く

当日に食事会を開かなかった場合でも、後日食事会を開いてもてなすのもよいでしょう。特に両家の両親への内祝いとして食事会を開けば孫の顔を見せることもできるので、喜んでもらえるはずです。

紅白餅や赤飯など縁起の良いもの

縁起物も内祝いにぴったりです。ひな祭りの内祝いと縁起物としては、紅白餅や赤飯がメジャー。また、タイやブリなどの魚や、長寿を祈るうどん、だるまや鶴・亀、富士など、縁起の良いものを贈りましょう。反対に、内祝いで縁起の悪いものを贈るのはマナー違反なので、不運不幸を連想させるものや忌み数(4・9・13など)に関係するものは避けることをおすすめします。

焼き菓子やお酒、タオルなどのプレゼント

縁起物にこだわらずとも、お菓子やお酒のようなプレゼントでも構いません。相手の好みや欲しいものに合わせて選ぶとなお喜ばれるでしょう。何がよいかわからない場合はカタログギフトやギフトカードでもOK。内祝いの相場はいただいた金額の3分の1〜2分の1程度と言われています。

【ひな祭りのお祝い】内祝いのマナー

最後に、ひな祭りのお祝いの内祝い・お返しを贈る場合のマナーについてチェックしましょう。

内祝いを贈るタイミング・時期

内祝いは当日の1ヶ月後までに贈るのが一般的です。ひな祭りの場合は3月3日が当日なので、だいたい3月中が目安となります。また、可能であればお祝いの日から1週間以内がベストです。お祝いをいただいた方にはできるだけ早くお返しし、遅くなった場合はお詫びの手紙を添えましょう。

のしはどうすればいいの?

内祝いの贈り物にはのしをつけますが、表書きには「内祝」または「初節句内祝」と書き、下にはお祝いをもらった子どもの名前を書きます。水引をつける場合は、「何度あっても嬉しい」という意味の蝶結びの水引がよいでしょう。また、内祝いの場合、のしは包装紙の下につける「内のし」が向いていると言われています。手渡しの場合は外のしでも問題ありませんが、迷ったら控えめな印象のある内のしがおすすめです。

ひな祭りのお祝いの内祝いは、必要なケースもある

ひな祭りのお祝いの内祝いについて紹介しました。ひな祭りは身内のみのお祝いになることが多いので内祝いは不要な場合も多いですが、身内でもお返しや内祝いが必要なケースもあります。相手との関係性やもらった金額、相手の希望などに合わせて臨機応変に対応するのがおすすめです。守るべきマナーは多くありませんが、感謝の気持ちを込めて贈りましょう。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

細くて強くて毛羽立ちにくい。ラッピングなど様々な用途に使えるナチュラルで素朴な麻ひも。

もっと詳しく見る もっと詳しく見る arrow_right
PAGE TOP